丸井健康保険組合

サイトマップ
健保会館のご利用時間・アクセス

適用・給付業務

各種申請用紙ダウンロード

健康づくりメニュー

婦人科検診のご案内
けんぽの広場
  • 休日・夜間救急医療機関
  • ここカラダ
TOP
■健康保険ガイド ------
健康保険の加入
INDEXページへ戻る
4.退職後の医療保険
 会社を退職し被保険者の資格を失ってからの医療は、 次の3つのうちいずれかによって受けることになります。

【1】当組合に引きつづいて加入する
イラスト  2カ月以上被保険者であった人は資格喪失後2年間は"任意継続被保険者"として当健康保険組合に加入し、以前と同様の給付を受けることができます。
【関連ページ】 > 退職後も引き続き被保険者でいることを希望する時

【2】被扶養者の認定を受ける
イラスト  夫または妻が健康保険に加入している人は、その「被扶養者」として 認めてもらえば、家族給付を受けることができます。

【3】国民健康保険に加入する
イラスト  上記【1】、【2】の方法をとらない限り、すべて国民健康保険に加入しなければなりません。区役所、市町村役場で手続きをとってください。
 厚生年金の老齢年金を受けられるなど一定の条件に該当する人は、「退職被保険者」として国民健康保険と同様の給付を受けられます。

【退職者医療制度】
 高齢で退職して国民健康保険に加入した人のうち、一定の条件に該当する人 が「退職被保険者」となり、運営(窓口)は市町村があたります。
・対象者
 退職後国民健康保険に加入した人で、次のいずれにも該当する人(「退職被保険者」 といいます)とその扶養家族(健康保険の場合と同じ認定基準)
  1. 厚生年金など被用者年金の加入期間が20年以上ある老齢(退職)年金受給権者 または40歳以降の被用者年金加入期間が10年以上の老齢(退職)年金受給権者で あること

  2. 75歳未満の人であること。 したがって、任意継続被保険者で、まだ国民健康保険に加入していない人は、 この退職者医療制度の対象者とはなりません。