丸井健康保険組合

サイトマップ
健保会館のご利用時間・アクセス

適用・給付業務

各種申請用紙ダウンロード

健康づくりメニュー

婦人科検診のご案内
けんぽの広場
  • 休日・夜間救急医療機関
  • ここカラダ
TOP
■健康保険ガイド ------
健康保険の給付
INDEXページへ戻る
2.受けられる保険給付
保険給付の一覧
被保険者と扶養家族は仕事以外の病気やケガ、お産や死亡 のときに保険給付を受ける事ができます。
医療費を立替払いしたとき
(療養費)
保険証を提示せずに医者にかかったり、医師の指示によるコルセット などを購入した場合など、一時立替払いした費用などを払い戻します。
【関連ページ】 > 医療費を立替払いした時
家庭で介護を受けるとき
(訪問看護療養費)
難病や重度障害、がんなどで在宅療養を受けている方に対し、 医師による訪問診察や訪問看護ステーションからの療養を受けた場合、訪問看護療養費を支給します。
緊急時や転院のため交通費がかかるとき
(移送費)
病気やケガの治療のため、医師の指示により転院しなければならないとき、 歩行が著しく困難な場合などであれば、移動のための交通費は 移送費として支給されます。 ただし、普通の通院費用は認められません。
【関連ページ】 > 移送を受けたい時
自己負担が25,000円を超えたとき
(一部負担還元金)
同一月の同一医療機関の診療料ごとに自己負担額が25,000円を超えた場合にその超えた額が支給されます。また、処方箋を発行した医療機関と処方した薬局は合算します。
特定の医療サービスや先進医療を受けるとき
(保険外併用医療費)
健康保険で認められていない先進医療や新薬を処方された場合、歯科診療での保険外の材料等を使用の場合は、全額自己負担です。しかし、先進医療やニーズの多様化に対応するため、一定の条件を満たした「評価療養」と「選定療養」であれば、診療・検査等の基礎部分は、保険外併用療養費として、健康保険が適用されます。

【評価療養】
厚生労働大臣が、保険適用の対象とすべきか否かについて評価する療養として定めたもの

【選定療養】
特別の病室の提供等、厚生労働大臣が定める療養で、自分で選べるもの
病気やケガで長期に休んだとき (傷病手当金)
          【関連ページ】 > 疾病のため欠勤し、給与が減ったり、でなくなった時
子供が生まれたとき (出産育児一時金)
          【関連ページ】 > 出産した時
死亡したとき (埋葬料)
          【関連ページ】 > 死亡した時
【MEMO】
■公費負担
再生不良性貧血や子供のガンなどの特定の病気や障害は自己負担なしで 医療給付を受けることができます。詳しくは、各医療機関におたずねください。