丸井健康保険組合

サイトマップ
健保会館のご利用時間・アクセス

適用・給付業務

各種申請用紙ダウンロード

健康づくりメニュー

婦人科検診のご案内
けんぽの広場
  • 休日・夜間救急医療機関
  • ここカラダ
TOP
プライバシーポリシー

個人情報の共同利用について

 当健康保険組合は、その保有する個人情報(個人データ)について、次のとおり共同での利用を行いますのでお知らせいたします。

 なお、個人情報保護法第23条第4項第3号において、「(1)個人データを共同して利用すること、(2)共同して利用される個人データの項目、(3)共同して利用する者の範囲、(4)利用目的及び(5)個人データの管理責任者の氏名・名称について、本人が容易に知り得る状態に置いているとき」は、当該個人情報(データ)の提供を受ける者は第三者に該当しないことから、あらかじめ本人の同意を得ずに当該個人情報(個人データ)を他に提供できることとされています。

[1] 定期健康診断、生活習慣病予防健診、人間ドックの受診に係る共同事業について

  1. 共同利用する個人情報(個人データ)の項目
    定期健康診断等、生活習慣病予防健診、人間ドックの受診者に係る
    氏名、生年月日、住所、電話番号、事業所名、事業所社員コード、健診未実施項目、健診種目名、健診受診日、健診実施機関名、健診実施機関所在地、相談・指導内容、所見
  2. 共同利用者の事業主
    丸井関連会社及び関係会社及び関係団体
  3. 共同利用目的
    当組合は共同利用者と健康診断等の事業を共同して行います。
    被保険者に対して、健診結果に基づく事後指導等を効果的に行うため、個人情報を共同で利用します。
  4. 個人情報の管理について責任を有する者
    当組合:常務理事
    各事業所 :2の共同利用者事業主の業務企画部、業務管理部等の人事業務担当責任者

[2] 「高額医療給付に関する交付金交付事業」における共同事業について

  1. 個人データを共同利用する趣旨
    健康保険法附則第2条に基づく事業で、当組合にとって高額な医療費が発生した場合に、その費用の一部が健保連から交付されます。その事業の申請のために、診療報酬明細書(調剤報酬明細書を含む。レセプトと称する)のコピーと当該レセプト患者氏名、性別、本人家族別、入院外来別、診療年月、レセプト請求金額などの記載した書類(交付金交付申請総括明細書)を健保連・共同事業一課に提出
  2. 共同して利用する個人データの項目
    前項総括明細書の記載事項のほか、レセプト記載データの1枚目(請求金額1千万円以上のレセプトについてはレセプトデータの全て)の部分の項目
  3. 共同利用者の範囲
    高額交付事業担当者及び事務長、健保連・共同事業一課担当者、健保連の業務処理委託業者(財団法人 社会経済生産性本部・社会情報システム部)
  4. 利用する者の利用目的
    当組合は1の事業申請を行うことにより、交付を受けるために利用します。健保連・共同事業一課は当該組合からの申請が間違いないかをチェックし、適正な交付を行うために利用する。なお、健保連では、申請の時効等の関係上レセプトコピーについては、1年程度保存し、イメージデータにしたものを4年程度保存
  5. データ管理責任者
    当組合:常務理事
    健保連:共同事業一課データ管理責任者及び課長

[3] 利用停止の手続き

共同利用の停止を希望される場合には、下記にご連絡ください。
担当  丸井健康保険組合 事務長
電話  03−5385−0101
FAX  03−3384−1221